結婚したいのにできない男の特徴5つ

otoko

そろそろ1人は辛いな・・・仕事から帰って来た時に、『おかえりなさい!』と言ってくれる奥さんが欲しい!なんて常日頃から思っているのに結婚出来ない男性が最近増えています。

さて、この最近増えている”結婚したいのにできない男”はなぜ結婚できないのでしょうか?
今回はなぜ結婚できないのか?について、ありがちな特徴について解説して行きたいと思います。

 

『俺もいつかは結婚できる』と思っている


結婚したいのに、いつまでも未婚の男性の中には『俺もいつかは結婚できる』と軽く考えている方が多くいます。
現在、結婚前提で付き合っている人がいたり、婚約中という方は除きますが、現状恋愛もしておらず女性と出会う機会を作る努力もしていない方に一言いわせてもらいます。

1年後・・・3年後・・・5年後も『俺もいつかは結婚できる』と思っています。

記憶をさかのぼり、1年前の自分も同じ事を思っていたのなら、今日から何かを変えなければ一生結婚できないままでしょう。
『同僚もドンドン結婚しているから、次こそは俺だろうな』
『あいつが結婚したから俺も結婚できるだろう』
と、何となく思うのはやめて、結婚できる可能性が高まる行動を取るべきです。

同じ趣味を持った人達が集まるサークルでも良いですし、思い切って結婚相談所に登録するのも良いでしょう。
夫の友人にはフットサルサークルに入り、そこで出会った女性と結婚している方もいます。

『俺はそんな事しなくても結婚できるし』と思ったアナタ。
5年後も同じ事を言う事になりますよ。

 

思いやりがない


共働き前提で結婚するにも関わらず、家事や育児は女の仕事!などと決め付けている男と結婚するようなバカな女はいません。

『家事や育児を任せるかわりに、お金は俺が稼いでくるから』ぐらいの甲斐性があるなら話は変わりますが、まずこう言った頼り甲斐のある男性は”結婚したいのにできない男”にはならないでしょう。

更には、家業も無いのに同居が大前提で跡継ぎのために必ず男の子を産んで欲しい!そして、最終的には親の面倒を見てほしい!というような、戦国時代の日本で生活しているかのような化石的考えを持っている方も結婚は出来ません。

旦那の実家が資産家などで無い限り、ほぼ100%の女性が旦那の両親との同居を嫌がります。
この時点で余程アナタに魅力が無い限り、結婚する相手はほぼ0人まで落ちてしまうのです。

また、女性を家政婦のように考えている男性も思いやりが無いと言えます。
女性の事を大事にしてあげれる事が結婚への第一歩なのです。

思いやりある行動や考え方ができる男になりましょう。

 

見た目がだらしない


10代の頃の輝いていた自分の写真をお守りのように持ち歩いていたり、スマホに入れていたりする”痛い”男性がたまにいますが、これはただの現実逃避に他なりません。

『10代の頃から変わってないでしょ?』と写真を見せてくる男性には『すごい!努力してるんだね!』と好感が持てますが、『10代の頃はこんな感じだったんだよ』と過去の栄光を自慢する男性に好感をもつ女性はいません。

10代の頃に出会っていたなら、また違った結果になるのかもしれませんが、今あるのは過去の栄光を引きずっているオッサンです。
過去の自慢話をする男性ほど惨めなものはありません。

するのは自慢話ではなく、どうしようもなく出たお腹の贅肉を無くすための努力でしょう。
また最近では男なのか女なのか良くわからない男性が増えています。

これは美形で女に見えるというのでなく、体型が男らしさからかけ離れすぎてオバサンのような体型になっている人が増えているという事です。
アマゾンでぶら下がり健康器でも購入し、懸垂や腕立などを週に2回からでも良いので始めてみて下さい。
やるとやらないとでは、女性から見ての印象が全く別のものになります。

何度もこのコラムでは言っていますが、第一印象は非常に大事です。
あり・なしは始めの10秒ほどで殆ど決まってしまいます。
更に、男性は殆どの女性をストライクゾーンとして考えますが、女性は殆どの男性がNGゾーンです。

女性にあれこれ求めるなら、男性も少しは頑張るべきです。
ちなみに海外のエリートビジネスマンのほとんどは筋トレを行っています。
世界的に見てデキる男の中では常識なのです。

好印象を与えるために出来る事から始めましょう。

 

甲斐性がないのに態度は大きい


20年前から比べると、男性の給料は平均して月に5万円も下がってしまいました。
年間で言えば、60万円は下がっている訳です。

ざっくりですが、年収440万の男性が年収380万になるという事です。
もの凄く大きな違いですね。

この場では経済の話は長くなるので割愛しますが、これだけ年収が減ってくれば男性としてはかなり厳しいです。
しかし、結婚したいのにできない男の中には稼ぎは減っているのに、態度は相変わらず大きい人が少なからずいます。

『なんだよ!結局金かよ!』と思われている方もいると思います。落ち着いてください。

例えば原始時代に狩りをして毎日たっぷりとお肉や魚を取ってきてくれる父親と、狩りに出てもあまり食料を取る事が出来ない父親がいたとします。

お酒を飲んで『うるせぇ!誰のお陰で飯が食えるんだ!』と暴れたとしましょう。
前者の家族は『たまに暴れるけど、頼り甲斐のあるお父さんだもんね』となるのに比べて後者の家族は『ろくに食料も取れないのに態度だけは大きいね』となるのです。

これが現代ではお金に変わっているだけの話です。

ちなみに、甲斐性が無いのに態度が大きい男は、女性の嫌いな男性ランキングでもTOP5に入るほど不評です。
えらそうにするのは自分が弱い事を隠している証拠でもあります。
こういう所を女性はしっかり見ています。

どうしようもない男にはならないようにしましょう。

 

行動に移す時期がとにかく遅い


20代は働き時!男性は30代でもまだまだ結婚できる!と何となく世間の情報に流されて30代に突入している男性が、今非常に増えています。

おそらく『収入に不安があるから結婚は出来そうにない・・・』と考えて30代まで結婚を先送りにしていると思いますが、年間60万円も所得が落ちている現在で、10年経過したぐらいで収入がどれだけ増えるのでしょうか?

先ほどの話と繋がりますが、確かに20代にバリバリ働いて30代で甲斐性がある男になっていれば結婚は簡単に出来るでしょう。
しかし、それも今の社会では起業でもしない限りほぼ不可能です。

こうなった時に考えて欲しいのが結婚を希望する女性目線です。
25歳の婚活女性がいたとします。
アプローチをくれたのは【年収280万の20代男性】と、【年収380万の30代男性】です。
身長や体型、顔や性格なども特に差が無く、違いと言えば年収と年齢だったとしましょう。

おそらく8割以上の女性は【年収280万の20代男性】を選ぶでしょう。
年齢が若い事、これから30代にかけてまだまだ収入に伸び代がある事、子供が出来てもまだまだ働いてくれる年齢だという事など、同じ条件で比較した場合【年収280万の20代男性】の方が25歳の婚活女性からすると良い事だらけなのです。

更にはもし【年収380万の30代男性】の貯金が0だった場合には間違いなく【年収280万の20代男性】が選ばれる事でしょう。

結婚を先送りにしていると言う事は、条件が”良くなるまで待つ”という事ではなく、”条件が悪化しているけど放置している”という場合が殆どなのです。
行動は今からでも起こすべきなのです。

 

まとめ


結婚したいのにできない男になってしまう理由は、極めて自己中心的だったり、非現実的な事ばかり求めている場合が少なくありません。

自分が今思い描いている理想の妻像が、実際独身女性にいるかどうかは無料の結婚チャンステストで簡単にチェック出来ます。

これ以上無駄に年だけを取りたくない方は是非チェックしてみて下さい。

 

sh
結婚相談所比較ネット

サブコンテンツ

このページの先頭へ