ガサツな女はドン引きされる!「がさつ女子」5つの生態

gasatu

さっぱりしてる性格の女性のことを男性は「からみやすくていいかな?」と、とっつき易い様に感じてしまいますがとんでもない事です。
付き合いだすと次々に出てくるガサツな生態は、たとえワイルドな男と言えども許す事が出来ないほど。
こんな男性ドン引きの「がさつ女子」はアナタの周りにも潜んでいます。

今回はそんなガサツな女の生態についてご紹介します。

 

気配り気遣い一切無し


気遣いが大切な賃貸住まいでも部屋の中でドタドタと歩き、ドアや窓は思いっきり閉めます。
そして電話でも大声で喋り、隣人に注意される事もしばしば。
その声のボリュームは自宅だけではなく外でも大きいため、一見元気なように見えますがそうではありません。
自分が発生させている音に対して極端に鈍感なのです。
そして注意されても深く考える事は無いため、またやってしまいます。

 

言葉遣いが荒い


このコラムに何度か登場しているモテない女の特徴の一つでもある言葉遣いですが、本当に重要です。
完璧にオス化してしまったガサツ女子は「○○じゃね?」「○○だろ!」と男性のように喋り、相手の事はオマエかアンタと言います。
「オマエわたしの事好きだろ?」なんて言われた男性はどうして良いのかわかりませんね。
普通に話していてムッとさせてしまうような言葉遣いは絶対にNGなのです。
また、初対面でも関係なく言葉遣いが荒いのも特徴です。

 

片づけが出来ない


ガサツ女子はとにかく片づけが大の苦手です。
部屋は掃除せずグチャグチャで、食べ終わったものをずっとためておくため、シンクの中も食べ終わった食器や残飯でパンパンです。
メイクポーチの中も適当に詰め込んだだけなので、どこに何が入っているのかさっぱりわかりません。
更にはメイクブラシやパフを洗う事は無く、ずっと同じものを使いまわします。
ガサツ女子の特徴が一番出るところかもしれません。

 

何でも扱いが雑


洋服にシミが出来ていたり、服がシワシワでもお構い無しです。
バッグも扱いが雑なので、おろして間もないのにシミや傷がドンドン増えていきます。
ヒールのかかと部分が磨り減っていても気にする事もありません。
物持ちが良いのは非常に良い事ですが、メンテナンスはしっかり行ってカチカチと音を立てながら歩かないようにしなければいけません。

 

ガサツだからこそ出来る「味見」


「ちょっとその飲み物気になるから一口飲ませて」
男性からすれば思わず勘違いしてしまいそうですが、ガサツすぎて間接キスがどうとかは一切考えていません。
勝手に相手の食べているものも味見したり、とやりたい放題です。
手を洗わずに食事をしたり、食事中に汚れた手を服で拭いたりと手に負えません。
箸使いやマナーにも問題はありますが、人間性を疑われる行動でもあります。

 

まとめ


ボーイッシュとガサツを取り違えていると大変な事になります。
特に最近の男性は几帳面な人が増えていますので、より受け付けない人も増えているでしょう。
アナタは大丈夫ですか?

gasatu2

sh
結婚相談所比較ネット

サブコンテンツ

このページの先頭へ