「結婚はまだなの?」急かす親を諌めるたった1つ簡単プロセス

少子化が進む中、更に拍車をかけるような生涯独身率が2割を超えたというニュースが流れる昨今。
まさにその2割(現時点)の中を堂々と歩き続けるITお局が、ワンワンうるさい親を"待て"で躾ける方法を皆さんに伝授しようじゃないですか!

でもその前に、なぜ親に急かされるのかちょっと考えてみましょう。

両親が結婚をせかす理由


  • 何年も付き合っている恋人はいるが、結婚する気配が無い時
  • 結婚するのが難しい年齢に差し掛かってきた時 ←私の場合はコレ
  • 弟や妹が先に結婚しそうな時
  • 孫の顔が早く見たい時
  • 恋人がいない時
  • 世間体を考えた時

大体結婚しない事を良く思わないのは母親。

お腹を痛めて産んだ子供が巣立ってくれて幸せになり、孫の顔を見せてくれた時には天に召されても良いくらい喜びを感じるものだと思います。

 

「孫の顔見たさに結婚させる気かー!」

なんて思うかもしれませんが、アナタの幸せも当然考えてのお節介。
ただ世間では、親からの度が過ぎたお節介によって、婚活疲れから婚活リタイヤしてしまう人も出ていると言うから困ったものですね。

誰しも気が向かないことを無理にやらされればイヤな気持ちになるし、良い方向にも向かわないでしょう。

そこで、もう一度自分と真剣に向き合って、アナタが今後どうしたいのかじっくり考えてみて下さい。

 

急かす親を止める方法


アナタの頭の中で整理は出来ましたか?

では「急かす親を止める方法」を伝授。

 

それは・・・

今アナタが考えた事を全て親にぶつける!

です。

 

親からの言葉をプレッシャーに感じているのが事実なら、全てそれも伝えるべき。
少しでも結婚に向けて取り組んでいる事や、今の恋人とどうしようかと悩んでいる事、そもそも結婚する気が無い事など全て言って良し!
察してちゃんではダメ。

結婚して欲しい気持ちだけで、アナタを急かしている親は、意外とアナタがプレッシャーに感じている事や、このままだと親子仲も悪くなってしまう事に気づいていない可能性もあります。

周りの意見に流されたり、無理に婚活して結婚したのでは今後の結婚生活がうまく行くはずがないし、結婚相手にも失礼です。

結婚したいのであれば「自分が納得のいく結婚をして、本当の意味で親を安心させたい」という気持ちが一番大切だと思います。

 

まとめ


今まで真剣に親へ思いを伝えた事はありますか?
「はいはい」「わかってるよ」「・・・(無言)」疎ましく感じ、このようにあしらっていませんか?
そんな対応ではいけませんよ。

本当の気持ちを伝えるアナタを見て、それに答えてくれない親はいないでしょ。
親と真剣に向き合う意識が芽生えれば、結婚(婚活)も良い方向に発展するかもね。
って私はどうなっているのやらw

明美が使ってる節約&便利アプリ!
クックパッド見放題!
レストランクーポンが貰えます。
これ知らないと損してますよ~
↓↓↓


twitter2

サブコンテンツ

このページの先頭へ