【婚活女子必見】アラフォー女が結婚相談所で無双出来た理由

世間一般でよく言われている「30歳を過ぎれば女は魅力が無くなる説」ですが、明美は真っ向から否定します

なーんて今日は明美が結婚相談所で偶然今の夫を見つけて結婚できた事を、ちょっぴり調子に乗って書き物をしたいと思ってます。

まず反対から考えてみるとします。
なぜ30過ぎると魅力が無くなってしまうのか。
それは「若さ」だけに頼った生き方をして来たからでは?って明美は思うのです。

確かに10代~20代前半は外見的に一番女の魅力たっぷりな時期だと思います。(熟女好きは知りません
お肌が水を弾くピチピチな時期。スタイルバツグンで顔も良ければそりゃモテる。うん明美もモテてた。
10代~20代前半なんて、結婚相談所に行けば引っ張りだこですよ。ほんとに。

そのまま見た目だけを頼りに20代後半まで行っちゃって、30歳を超えちゃった人は確かに魅力は無いと思う。
でも明美はあるスキルだけをたまたま磨き続けていただけで結果的に「魅力ある30代」に突入する事が出来ちゃったのです。

そうです。料理です。

多くの30代女性が参加している結婚相談所の中で、プロフィールに特技や趣味を料理と書いているものの、明美ほど料理をやってる人は殆どいないみたいです。
そう、そこはライバル不在の明美無双だったのです。

他の婚活女子が料理が得意と書いておきながらボロを出してくれるので、放っておいても明美の評価がグングン上がっちゃうっていうオイシイ状態でした。
今の夫も結婚の決め手となったのは料理だと嬉しい事に言ってくれてます。

20代の若い子を狙ってる男性層は初めからターゲットに入れてはいけません。
これが『勝てる市場で戦う』というやつです。

ちょっと考えて見ればわかる話だと思ったのです。
女の魅力が若さだと思ってる人を夫に選んだ場合、年を取っていく自分はいつ捨てられてもおかしくないんです。
魅力が若さだけなので、若さを失った妻に興味が無くなるんだと思います。
浮気の危険もありますし。

そこでやっぱり男が心から引かれちゃう武器を持っておく事が、婚活で結婚を勝ち取るためには重要なんだと明美は思いました。

料理はほんと出来て特しかしません。プロ級のスキルはいらないんです。
男性を癒す事が出来て、美味しいと言ってくれる愛情のこもった料理があればOKなんです。

結婚したいけど、私料理なんてやった事ないし~って人も今から始めれば絶対うまくなります。
で、それは必ず武器になります。

それでは最後に以前の婚約速報記事に書いた言葉をもう一度書いておきたいと思います。

 

男女ともに結婚を希望している方へ


1、現状分析を行わない限り活路は無い
2、学歴や収入、外見などを問うと「一番大切なもの」が見えなくなる
3、漠然とした目的意識が身をほろぼす

明美が使ってる節約&便利アプリ!
クックパッド見放題!
レストランクーポンが貰えます。
これ知らないと損してますよ~
↓↓↓


twitter2

サブコンテンツ

このページの先頭へ